Appleギフトカード買取率の最新情報とおすすめサイト【2023年12月23日更新】

Appleギフトカードの最新買取率をサイトを横断して徹底比較

Appleギフトカードの買取をできるだけ高くしてもらうにはどこがいいのか?

この記事ではそのような疑問に答えて参ります。

目次 表示

Appleギフトカード買取率【2023年12月23日最新】

※以下の数値は、毎月10日、20日、30日やそれ以外のタイミングで定期的に更新しております。

直近の各社買取率の状況【2023年12月23日更新】

Appleギフトカードを買取するオンラインのサイトはたくさんあります。

買取率は各社で日々、リアルタイムで動いているので、できるだけ高く買い取ってもらうとなると、最新の動向をチェックすることが必要ですが、自分だけですべてを調べようとすると、なかなか大変です。

当サイトも、リアルタイムに、評判が良い「ギフト買取サイト」の動向を毎日発信しています。

どのサイトが1位なのかなど、最新動向が気になる方はぜひフォローしてみてください。

Appleギフトカードとは

Appleギフトカードとは、世界的に有名なApple社が販売している各種デバイス製品、そして、サービスの購入に使うことができるプリペイドカードです。

Appleギフトカードは、iPhoneやMacBookなどのデバイス製品、AirPodsなどアクセサリ、アプリ、ゲームコンテンツ、AppleMusicなどの音楽、映画、テレビドラマ、iColudなどを購入する際の支払いとして使用できます。

主なAppleギフトカードの入手方法は、コンビニで手に持つ「カードタイプ」のギフトカードを購入したり、AmazonやApple公式オンラインストアで、「デジタルタイプ」と呼ばれるギフトカードが購入できます。

(デジタルタイプは、購入すると、購入時に指定したメールアドレスにEメールが飛んでくるという仕組みです)

また購入方法できる種類は、1,500円、3,000円、5,000円、1万円の金額が固定されたタイプと、1,000円から500,000円(50万円)まで1円の単位で自由に金額を指定できる、「バリアブルタイプ(バリアブルカード)」のギフトカードが用意されています。

Appleギフトカード(Apple Gift Card)のバリアブルタイプをどこで買えるか、どのように買えるかなどコチラの記事で詳しく書いています。

(50万円分のAppleギフトカードが購入できる場所は限られていたり、楽天市場は初回は1万円までしか買えないなど、細かな注意点があります)

Appleギフトカードはいつから販売された?

Appleギフトカードの豆知識

Appleギフトカードは、今を遡り、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリアの3カ国で、2020年7月31日に販売を開始。

日本では、その約1年少し遅れの2021年11月10日に販売を開始しました。

また、それまでにも、「Apple Store&iTunesギフトカード」、「Appleストアギフトカード」の2つのプリペイドカードはありましたが、これらは。ハードウェア、ソフトウェアそれぞれの購入に利用することしかできませんでした。

新たに2021年に日本でも発売されたAppleギフトカードは、この問題を解消し、ハードウェア、ソフトウェアのどちらにも利用することができるようになっています。

Appleギフトカードは1枚ですべての用途に使える

また、デザインは、上の画像の通り、5種類の異なるデザインが用意されています。

コンビニやスーパーで買う場合、このように異なるデザインのカードが用意されていますので、好きなものを選んで購入しましょう。

旧型の「 iTunesギフトカード」、「Apple Storeギフトカード」からAppleギフトカードへ移行可能?

旧タイプの「iTunesギフトカード」、「Apple Storeギフトカード」はどうなるのか?

と疑問に持つ人もいるでしょう。

旧タイプのギフトカード持っていても、既に自分のApple IDにチャージしている場合もチャージしていない場合もどちらもAppleギフトカードとして使えるようです。

「iTunesギフトカード」、「Apple Storeギフトカード」をまだ持っている人も安心ですね。

Appleギフトカードは2つの種類がある

すでに触れた点ですが、Appleギフトカードには、「デジタルタイプ」と「カードタイプ」の2種類が存在します。

それぞれの特徴をおさえておきましょう。

種類①:デジタルタイプ

デジタルタイプのAppleギフトカードは、Amazon、楽天市場、Apple公式オンラインショップで購入することができます。

物理的に触ることができる、プラスチックのカードなどはなく、コード番号が本体になります。

入手や購入方法としては、上記のオンラインストアで、購入したい金額を選んで、クレジットカードなどで購入します。

そのときに、ギフトコードを受け取りたいEメールアドレスを指定します。

自分自身のために購入する場合は、自分のメールアドレスを指定しますが、友人知人家族のメールアドレスを指定することもできます。

プレゼントとして送る際は、相手に対するお祝いのメッセージなども書くことができます。(文字通り「ギフト」として機能します)

種類②:カードタイプ

カードタイプのAppleギフトカードは、文字通り、手で触ることができるプラスチックのカードです。

カードの裏面にギフトコードが記載されていて、こちらのコードに金額が紐づいています。

コンビニやドラッグストア、スーパーなどで購入することができます。

「カードタイプ」は、「POSA」というシステムを採用しており、店舗のレジを通すことでコード番号が有効化されます。

つまりレジを通すまでは、ただのカードなので、万引き・盗難の防止にもなるというわけです。

非常に稀なケースで、可能性としてはほぼ無いといえますが、レジを通して支払いをしたのにも関わらず、通信状況などの問題により、コード番号が有効化されないということがありえます。

このようなときは、領収書(レシート)があれば、買ったことを証明して、再度有効化の手続きをとってもらったり、返金の相談をできます。

このようなトラブルのことも考慮して、自分のApple IDアカウントに、チャージを完了する前は、領収書(レシート)を保管しておきましょう。

Appleギフトカードの使い方を画像付きで解説

Appleギフトカードの使い方がイメージできるように、一連の手順を画面つきで解説します。

メールかカードタイプ裏面に記載のコード番号を用意

まずは購入したアップルギフトカードのコード番号を用意します。

カードタイプであれば、カードの裏面に記載してある番号になります。

メールタイプであれば、Eメールに記載してあるコード番号を見れるようにしておきます。

Appleギフトカードの裏面にコード番号は記載してある
App StoreかiTunes Storeを開く

次に、iPhone標準アプリの、「App Store」を開きます。

PCの場合は、「iTunes Store」でも大丈夫です。

アプリを立ち上げたら、アカウントアイコンをタップします。

ギフトカードまたはコードを使う

「ギフトカードまたコードを使う」というボタンがあるのでタップします。

Apple IDを入力してログインする

ログインしていない場合は、Apple IDを使ってログインします。

「カメラで読み取る」もしくは「コードを入力する」のいずれかを行う

次に、Appleギフトカードのコード番号を入力するか、もしくは、カメラで読み取ります。

App storeでは、Appleギフトカードをカメラで読み取るか、手で入力する
コードを使うをタップ

最後に「コードを使う」をタップします。

App Storeでギフトコード番号をカメラで読み取る場合の画面

Appleギフトカードの購入方法と購入場所

Appleギフトカードは様々な場所で購入できます。

また支払い方法も複数存在します。

Appleギフトカードを購入できる場所

Appleギフトカードを購入できる場所は、実店舗とオンラインストアに分かれます。

実店舗では、カードタイプのAppleギフトカードを購入することができます。

なお、ヨドバシカメラやビックカメラなどの一部の家電量販店でも購入することができましたが、2023年から、Appleギフトカードの購入ができなくなっています。

実店舗一覧

  • コンビニ(ファミリーマート、セブンイレブン、ローソンなど)
  • ドラッグストア(ココカラファイン、マツモトキヨシ、ウェルシアなど)
  • スーパー

オンラインストアではデジタルタイプのギフトカードを購入することができます。

オンラインでの購入方法一覧

  • Apple公式オンラインストア
  • Amazon
  • 楽天市場(Apple Gift Card 認定店)
  • iPhone標準アプリの「App Store」から購入する

Appleギフトカード購入時の決済方法

Appleギフトカードの購入時の決済方法は次のとおりです。

  • 現金
  • クレジットカード(デビットカード)
  • キャリア決済
  • Nanacoやファミペイなどプリペイドカード

なお、Amazon、Apple公式オンラインストアや楽天市場などのオンラインで購入するときは、現金で支払うことはできません。

逆に、コンビニなど実店舗の場合は、クレジットカードは使えませんが、インターネット上で購入する場合ならクレジットカードで支払いできます。

コンビニでは、通常は、現金でしか支払えず、直接クレジットカードでの購入はできませんが、セブンイレブンのNanacoやファミリーマートのファミペイを経由すれば、クレジットカードで支払うことも可能になります。

実店舗オンライン
現金可能不可
クレジットカード
(デビットカード)
不可
ただしNanaco、ファミペイなどを通じてなら可能
可能
キャリア決済不可可能

Appleギフトカードの使い道は13種類

Appleギフトカードの使い道は、何種類もあります。

以下が、Appleギフトカードの使い道になります。

Appleギフトカードの主な使い道13選

  1. Apple StoreでApple製品(ハードウェア、アクセサリ)の購入
  2. App Store(有料アプリの購入)
  3. アプリ内課金
  4. Apple Music
  5. Apple Books Store
  6. Apple TV+
  7. Apple One
  8. iCloud
  9. LINEサービスの利用
  10. iTunes Match
  11. ギフトカードとして友達へプレゼント
  12. Androidで使用する
  13. ギフト券買取サイトで現金化

以上の使い道のすべてを詳しく解説している記事もありますので見てみても良いでしょう。

Appleギフトカードの使い道│完全ガイド【2024】コンビニやAmazonでの使い方は?

Appleギフトカードの有効期限

Appleギフトカードの有効期限は、設定されていません。

プレゼントでもらったりしても特に焦ってすぐに利用する必要ありませんが、一方で、もらったことや、存在自体を忘れてしまうこともあるでしょう。

もし使わない場合は、一度、ギフト券買取サイトというところで、買い取ってもらって現金に変えるなども一つのアイディアです。

Appleギフトカードの換金方法を解説

Appleギフトカードは、基本的には現金に戻すことはできません。

しかし、いくつかの方法では、現金に換金することができます。

Apple製品を購入して転売

前提として、Appleギフトカードは、Apple製品やサービスにしか使えません。

よって、まず考えられる方法としては、MacBookやAirPodsなどの製品を購入して、転売するというやり方になります。

しかし、この方法は、実物の製品を扱うため、製品の購入から転売までの時間がかかることや、製品別の換金率が大きく異なるのがデメリットです。

また、買い取ってくれる買取屋なども、都心部に近いほど高い換金率の業者が多くなります。店舗まで持っていくのも大変ですし、郵送の場合でも送料がかかることが難点です。

(郵送する場合はさらに、その分の時間もかかります)

ギフト券買取サイトで現金化

Appleギフトカードを現金化する別の方法は、ギフト券買取サイトという場所を使うことです。

ギフト券買取サイトは、オンライン上で営業している業者で、AppleギフトカードやAmazonギフト券などの、電子ギフト券(電子マネー)を買い取ってくれるサイトです。

特にAppleギフトカードであれば、高い買取率で買い取ってもらうことが可能です。

例えば、買取率を高く提示してくれるおすすめのサイトでいえば、「買取ライオン」、「買取No.1」、「買取ダン」、「ギフトジェシー」、「買取レオン」いったサイトがあります。(クリックすると紹介記事に飛びます)

これらランキングによく掲載されているサイトの名前を見ればわかるとおり、名前の先頭に「買取」とか、「ギフト」とかがついているのが特徴です。

例えば、「買取ライオン」や「買取ダン」は、特にAppleギフトカードを専門に扱っているサイトで、そのため、他のサイトよりも高い買取率を提示してくれることが魅力であり評判を呼んでいます。

Appleギフトカードの現在の買取価格は非常に高く、買取率(換金率)90%以上で換金することができるので、非常に便利です。

他にも、ギフト券買取サイトでよく売買されるのは、「Amazonギフト券」、「webmoney」、「googleplayカード」、「Nintendoギフトカード」、「majicaギフトカード」、「DMMギフト」、「bitcash」、「UberEatsギフト」、「LINEプリペイド」、「Playstationストアカード」、「JCB Premo」、「nikeカード」などがあります。

ギフトジェシーなどは、このような豊富なギフト券の種類を取り扱っています。

クレジットカード現金化と関連業者とは

ギフト券買取サイトと混同されがちですが、「クレジットカード現金化業者」という業者がいます。

これらは、危険な業者なので、絶対に使わないようにしましょう。

クレジットカード現金化業者とは

クレジットカード現金化業者とは、次のような仕組みのサービスを提供する会社です。

利用者は、関連する特定のEC・通販サイトで、特定の物品を購入します。

キャッシュバックという名目で、購入代金の6割や8割を現金化業者は利用者に払い戻します。

これによって、商品の購入代金10万円だとすると、6万円から8万円の現金を手にすることができるという仕組みです。(つまり60%から80%が換金率の相場です)

クレジットカードで支払っているので、翌月末などに引き落としされるまでにお金を用意しておけば良いという仕組みです(カード会社によっては20日や月末など多少は異なる)

ギフト券買取サイトとクレカ現金化の違い

クレジットカード現金化業者は、使わないほうが良いです。理由は明確です。

それは金融庁や弁護士が使用しないように、という注意喚起をしているからです。

クレジットカード現金化業者は、実態としては、20-40%程度の手数料を差し引いて、お金を貸しているようなものです。

つまり、貸金業に該当するわけですが、「クレジットカード現金化業者」と名乗っているどのサイトも、貸金業の登録や免許などはしていません。

つまり、完全に違法な商売です。違法なため、金融庁が注意喚起しています。

しかし、このような違法性を知りながら、クレジットカード現金化業者、堂々とWeb上で広告を出したり、営業をしていますので、反社会的な組織が関わっている場合もありえますし、安全性は低いです。

摘発されるサイトも多く、また、利用者はクレジットカード情報を抜かれたという人もいるので、絶対に利用しないほうがよいでしょう。

Appleギフトカードは買取サイトで現金化できる

ただし、勘違いする必要がない点としては、「現金化」すること、それ自体は特に違法ではありません。

Appleギフトカードを自分で買って、自分で他の人や、業者に売ることは、特に何も問題ありません。

ギフト券買取サイトは現金化業者より買取率が高い

ギフト券買取サイトは、単純にギフトカードを買い取ってもらう場所ですが、現金化目的だとしても、「現金化業者」などのグレーな存在を使うよりも、換金率が高いです。

例えば、Appleギフトカードの場合なら、定価100%に対して、2023年だとだいたい90%以上の換金率となっています。

一方でクレジットカード現金化業者の場合は、酷い場合は60%程度、高くても最大で80%程度が限界です。

ギフト券買取サイトは現金化業者より安全

すでに述べた点ですが、単純に、もらったか、もしくは自分で購入したギフトカードを売って、現金を得るだけなので、そこに違法性は何もありません。

また、クレジットカード情報を業者のサイトに登録する必要もありませんので、安全です。

(クレジットカード現金化業者は、大手の超有名なサイトでも、利用した後に、不正使用が始まったという口コミがありますので、一般的に言って、相当危険だと言って良いでしょう)

また、ギフト券買取サイトのほとんどは、「古物商許可証」という免許を、警察(公安委員会)から取得しています。

取締役に反社会的な団体とか関わっている人がいないか、など、しっかりとチェックされますし、会社の実在性なども確認されます。

なお、先程紹介した、いくつかの、おすすめのサイトも、古物商許可証を取得済みで、安全なサイトです。

ギフト券買取サイトと金券ショップ(大黒屋など)の違い

ギフト券買取サイトは、AppleギフトカードやAmazonギフト券を買い取ってくれる業者だとお伝えしましたが、大黒屋などとの違いに疑問を持つ人もいるでしょう。

簡単に説明すると、大黒屋は、AppleギフトカードやAmazonギフト券などは買い取ってくれないのです。

また、ギフト券買取サイトは、オンラインで、主に電子ギフト券を買い取ってくれますが、大黒屋などの金券ショップは、株主優待券やビール商品券など、実物の手に取れる商品券などを買い取ってくれるのが違いです。

ギフト券買取サイトは短時間で現金化ができる

ギフト券買取サイトでは、短時間で現金化をすることが可能です。

有名なサイトならば、だいたいは申し込みから30分程度で、迅速に現金化することが可能です。

急な出費で現金が必要になったときも対応できるサービスです。

(最短5分から10分でのスピーディな振込みの実績があるサイトも実際に存在します)

ギフト券を購入する場合の時間を考慮しても、大体1時間以内には入金されるでしょう。

申し込みは24時間受付

ギフト券の買取サイトは、ほとんどのサイトが24時間365日、無休で受付対応してくれます。

土日祝日や連休、年末年始など問わず、年中申し込みすることが可能です。

スマホ(携帯)さえあれば、いつでも、全国のどこからでも、簡単にネットから申し込みすることや、24時間営業が人気を呼んでいる理由の一つです。

Appleギフトカードを現金化する際の注意点

Appleギフトカードを現金化する際の注意点をまとめました。

未使用のものしか売れない

当たり前ですが、Appleギフトカードは未使用のものしか売ることはできません。

また、特にPOSAの場合は、万が一、通信状況などの問題から、レジを通したときにうまく有効化されていない場合もあります。

ギフト買取サイトに買い取ってもらう前に、念のため、Appleギフトカードが使用可能かどうか確認してから販売しましょう。

ギフト券の買取は違法?

ギフト券を転売して現金化することは違法じゃないのか?と思う人もいると思います。

しかし、これは特に違法ではありません。

ギフト券買取サイトにギフト券を売ったとしても、単純に、自分でなにかゲーム機やゲームソフト、家電をネットオークションやリサイクルショップに売るのと全く同じだからです。

ゲームソフトをメルカリに出品して、売ることを違法だと言うことはいないと思います。

ギフト券の買取サイトを利用することには特に違法性はないので、安心してよいでしょう。

ただし、クレジットカード会社からは推奨されている行為ではありませんのでその点には注意が必要です。

悪徳業者に注意

Appleギフトカードのギフト券買取サイトは、極稀にですが、悪質な悪徳業者も存在します。

そのようなサイトは、大抵は、HPに記載してある会社の情報が虚偽のものが掲載されています。

例えば、「株式会社◯◯」、「◯◯株式会社」といったような書き方が、正式な会社名としての書き方ですが、怪しいサイトは、ただただサービス名称だけを掲載しており正確な会社名が分からない場合があります。

当然、このような書き方ですと、そもそも個人が運営しているサイトなのか、法人が運営しているのかすらわかりません。

また、法務局などで会社の登記情報を見つけることもできませんので、どこの誰が本当に、そのサイトを運営しているのか全くわかりません

そして、そのような怪しいサイトほど、詐欺のウワサや、数カ月後に突然閉鎖しているなどがあります。

高価なギフトカードを買い取ってもらうのですから、会社情報がしっかりと確認できるサイトでなければ、利用しないようにしましょう。

もちろん、このサイトで紹介しているギフ券買取サイトは、どこも安全な会社です。

下手に怪しいサイトを使うよりも、当サイトや、他の比較サイトがおすすめしているようなサイトを使うほうが安全でしょう。

ギフト券買取サイトの利用方法や流れ

ギフト券買取サイトの利用方法や流れも、わかりやすくざっくりと説明しておきます。

スマホさえあれば、以下の流れで、誰でも、来店など不要で、申込をすることができます。

Appleギフトカードをまずは用意

ギフト券買取サイトに売却するためのギフトカードを用意します。

Appleギフトカードは、コンビニやスーパーやドラッグストア。

オンラインであれば、Amazon、楽天市場、Apple公式オンラインストアで購入することができます。

デジタルタイプ、カードタイプのどちらでも買い取ってもらえます。

ギフト券買取サイトに申し込む

ギフト券買取サイトに申込みを依頼します。

まずは、各社のHPにアクセスして、申し込みフォームのページに行きましょう。

まずは、初回の申込なのか、2回目以降の利用なのか選ぶところからはじめます。

あとは、ギフト券の額面金額、コード番号、自分の個人情報(氏名やメールアドレスや電話番号)、また、振込を希望する口座番号などの事項を入力して、フォーム入力を終わらせます。

初回の場合は、運転免許証など本人確認のための個人情報のアップロードが必要になります。

スムーズに取引できるように、写真や身分証を事前に用意しておきましょう。

すべての情報を入力して、申し込み情報の送信ボタンを押せば、取引は完結です。

できればネット銀行の口座を使おう

ギフト券買取サイトは、基本的には、日本のどの金融機関の口座でも取り扱いが可能です。

しかし、1点だけ注意点をお伝えするとすれば、ネット銀行のほうが便利なことが多いです。

ネット銀行の場合は、「モアタイムシステム」という、システムを導入しているため、平日15時以降、土日祝日などでもお金の送金が可能です。

逆に、このようなシステムに対応していないと、ギフト券買取サイトのほう振り込みが完了していても、まだ入金されない、といった状態となってしまうので注意が必要です。

銀行の指定口座に入金される

申し込みが完了したら、指定の口座に入金がされるのを待つだけです。金融機関のような審査は一切ありません。

しかし、ギフト券買取サイトに掲載されている振込時間は目安ですので、遅れることもあります。

特に月初や大型連休の際は混雑するときがあり、そのようなときは遅れることもありますので、高く売りたいなら避けるのが無難です。

また、深夜や早朝などもスタッフが手薄のことがあるので、スピーディな振り込みは難しいでしょう。

このへんは、各社の利用規約にしっかりと記載されていますが、あまりに振込時間が長いと感じる場合は、ギフト券買取サイトのスタッフに問い合わせてみるのも手です。

基本的は1時間、遅くても2時間くらいでどのサイトも振り込まれますし、即日(その日のうち)には振り込まれると考えておいてよいでしょう。

Appleギフトカードを高く買取してもらう方法

Appleギフトカードを高く買取してもらうポイントをいくつか紹介します。

月初を避ける

月初は申し込みが増えます。需要と供給の関係からいって、買い取ってほしいギフト券の数が増えれば、買取価格も下がります。

できるだけ高く売りたいと考える場合は、月初に買取を申し込みするのはやめましょう。

買取サイトのキャンペーンや特別レートを利用

ギフト券買取サイトは、各サイトで様々なキャンペーンを用意しています。

例えば、代表的なものでいえば、LINEお友達登録をするとギフト券買取率を1%アップしてくれる、クーポンをもらえる場合があります。

このようなキャンペーンが用意されている場合は、どうせ申し込みをするのですから、買取率アップが適用されるように、ぜひ利用しましょう。

まとめ売り

ギフト券買取サイトは、「初回買取率」というサービスを提供しているサイトも多くあります。

初回の場合は、買取率が2回目以降の通常レートよりも、2~5%など高いといった制度です。

逆にいえば、2回目以降は、ギフト券の買取率が2回目以降はかなり下がるので、初回にまとめて売ってしまったほうが良いということになります。

また、その他にも、「合計金額5万円以上」、「合計金額10万円以上」を条件として、買取率を1%、2%アップしてくれるサイトも多く存在します。

2万円のAppleギフトカードが3枚手元にある場合で、「合計金額5万円以上で買取率1%アップ」などの場合は、全部まとめて6万円で売ってしまい買取率がUPする恩恵を受けたほうが良いでしょう。

また、まとめて高く売る場合のもう一つのメリットは、振込手数料がかからなくなる点です。

サイトによって異なりますが、例えば、額面申込金額が1万円未満の場合は、振り込み手数料が140円や160円などかかってしまう場合もあります。

無駄な手数料を払いたくない場合は、1万円以上など大きめの金額で申込をすると良いでしょう。

(振込手数料が無料のサイトもあるので、そのようなサイトを使っても良いでしょう)

複数の買取サイトを利用する

Appleギフトカードを高く売りたいなら、複数の買取サイトを利用するのも一つの手です。

Appleギフトカードの買取価格は、毎日変動しています。そのため、どのサイトが最も高いサイトなのか、というのはタイミングにより変わります。

複数のサイトを知っておき、売るときにしっかりと比較と検討をして、最も高いサイトで売ってしまうというのが良いでしょう。

利用するときに

ただし、ギフト券買取サイトの数は多いですし、年々新しいサイトも生まれています。

闇雲に調べるよりも、当サイトのような、比較サイトを見るのも有効な手段でしょう。

(当サイトも、実際の口コミや評判をネット上で、詳細に調べて解説しているサイトです)

サイトによって特色は様々

例えば、Appleギフトカードを売りたいなら、専門に扱っていて買取率も高い「買取ライオン」や「買取ダン」などを使うなども良いでしょう。

これらのサイトは、今は、相場状況を反映して、2回目の買取率を下げていますが、ずっと同じ買取率を適用していることもありました

そのため、リピーターユーザーに大人気のサイトでした。

タイミングによっては、この取り組みが復活することもあるでしょうから、実際に申込をするときには、ぜひ覗いてみましょう。

また、買取将軍やギフトジェシーなどは、取り扱っているギフト券が豊富です。

このように様々なギフト買取サイトがあるので、色々見比べてみると良いでしょう。

Appleギフトカードの買取率は1ヶ月のなかでも違う?

Appleギフトカードの買取率は、1ヶ月という単位で見ても変化します。

具体的には、月初が最も低く、中旬から下旬にかけて少しずつ買取価格は上がる傾向にあります。

これも基本は需給の構造が背景にあり、1日など月初が最も申し込み数量が多く、買取価格が下がることが理由です。

以上、説明してきたポイントを踏まえて、高額買取を実現しましょう!

Appleギフトカードに関するよくある質問

Appleギフトカードに関してよくある質問もまとめています。

不要なAppleギフトカードを現金に戻す方法はありますか?
基本的には、購入したAppleギフトカードは、現金に戻すことはできません。例えばコンビニで購入したAppleギフトカードは、レジで返品や返金をお願いしても対応してくれません。しかし、ギフト券買取サイトというギフト券をオンラインで買取してくれるサイトを利用すれば、多少の手数料を払えば、現金化することが可能です。使う予定のないギフトカードがあれば現金化するのも一考です。
Appleギフトカードの現金化は違法ですか?
Appleギフトカードの現金化は違法ではありません。単純に購入済みのギフトカードを、売却するだけなので、メルカリでゲーム機や家電を転売するのと同じように違法性はありません。
Appleギフトカードの買取サイトは身分証なしで利用できますか?
ギフト買取サイトを利用する際は、特に初めての場合は、身分証明書が必須です。2回目以降は、提出は省略することができます。
Appleギフトカードの買取を申し込む際に審査はありますか?
これといった審査はありませんが、以前にトラブルがあった利用者かどうかは確認されます。また、初めて利用する場合は、個人情報と身分証明書の照合などは行われます。そのほか、ギフトカード自体に残高があるのかなどの査定が行われることもあります。もちろん、この時点で使用済みが発覚した場合は心象が悪くなり、そのサイトをもう使えないなどのリスクも有りえます。そのほかは、とくに審査というものはありません。

Appleギフトカード最新情報ならマネスクにお任せ

Appleギフトカードの買取価格は、日々変化しています。

そのため、最新の情報を随時、把握することが必要です。

当サイトは、Twitterなどでも、評判が良いギフト買取サイトの、Appleギフトカードの買取価格の最新情報をランキング形式で発信しています。

ぜひフォローして、最新の情報を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 右クリックできないぺーじです