Appleギフトカードの購入履歴の確認方法│デバイス別に分かりやすく説明

Appleギフトカードの購入履歴や利用履歴を知りたいけど、どのように確認すればよいかわからない。

こんな、お悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

じつは、Appleギフトカードの購入や利用の履歴を確認するのは簡単にできます。

しかし、iPhoneやMac、Windowsのパソコンからなど、お持ちのデバイスによって見る方法がそれぞれ異なります

この記事では、購入や利用履歴をどうやって確認するのか。

具体的な方法を、デバイス別に わかりやすく、ご説明してまいります。

Appleギフトカードの購入履歴を確認するメリット

そもそも、なぜAppleギフトカードの履歴を確認するのでしょうか?

履歴を確認すると次の2つのメリットがあります。

履歴を確認するメリット2つ

  1. 使いすぎの予防(購入のしすぎ)
  2. 不正な購入を検知できる

Appleギフトカードは、ご存知のとおり、前払い式のプリペイドカードです。

一般的には、プリペイドカードは使いすぎの防止のために役に立ちます。

しかし、それでも、これまでにどのくらいの金額を購入したか、利用したかを確認することは重要です。

プリペイドカードではありますが、1回に10万円以上など高額の購入も可能なため、じつは使いすぎていたということもありえます。

また、購入履歴を確認する別のメリットは、第三者の不正な購入を検知できるということです。(後で詳しく説明します)

Appleギフトカードは、「電子ギフト券」なので、購入や使用履歴は、コード番号単位ですべて電子的に記録・管理されています。

一度、確認の方法を覚えてしまえば、それ以降は簡単に使いこなせるでしょう。

Appleギフトカードの購入履歴を確認する方法

Appleギフトカードの購入履歴を確認する方法を、iPhoneやMacなど、デバイス別に解説していきます。

Appleギフトカードの購入履歴の確認方法│公式Webサイト

まずは、Appleの公式Webサイト(apple storeオンライン)から確認する方法です。

この方法は、iPhone、iPad、MacなどAppleのデバイスなら共通で使える方法です。

これらのデバイスを使って、公式サイトでサインイン(ログイン)すれば、購入履歴がわかるようになっています。

(※Windows PCの場合は、後で紹介するように iTunesから行います

公式Webサイトから購入履歴を確認する流れ

Appleの公式サイトにアクセスしてサインイン

Appleのページ: reportaproblem.apple.com にアクセスします。

ページを開いたら、Apple IDでサインインします。

Appleギフトカードの購入履歴を確認する│Apple Storeオンラインでサインイン
直近の購入履歴が表示される

サインインすると、そのApple IDに紐づいた、直近の購入履歴が一覧で表示されます。

表示されている購入履歴を、さらにキーワードや、ギフトカードの額面金額などを打ち込んで、検索もできます。

※無料のアプリのダウンロードなど、Appleギフトカードに関係ない履歴も表示されます。なぜなら、サインインしているApple IDに紐づく購入の履歴が全て表示されるからです。

履歴が多い場合は、appple gift card

ちなみに、どれくらい遡れるか見てみました。同じApple IDをずっと使っている当サイト運営スタッフが確認したところ、10年以上過去の履歴も見ることができました。

Appleギフトカードの購入履歴を確認する│Appleの公式サイトで確認できる

Appleギフトカードの購入履歴の確認方法│iPhoneやiPad

次は、iPhone、iPadでどうやって、購入履歴を確認するか、その方法をご紹介します。

iPhone、iPadで購入履歴を確認する手順

iPhoneやiPadの標準アプリ「設定」を開く

まずは、「設定アプリ」を起動します。

「設定アプリ」を開いたら、次に「メディアと購入」をタップします。

(なお、設定アプリ内で、あらかじめ、自分のApple IDにサインインしている必要があります)

Appleギフトカードの購入履歴を確認する│iPhoneやiPadの設定アプリで確認。メディアと購入をタップ
「アカウントを表示」をタップする

「メディアと購入」をタップすると、ポップアップが出ますので、「アカウント表示」をタップします。

これで更に次の画面に進みます。

Appleギフトカードの購入履歴を確認する│設定アプリで「アカウント表示」をタップ
購入履歴が表示される

Apple IDに紐づく購入履歴が表示されます。

最初に表示されるのは、直近の90日間だけです。

それより以前の履歴を見たい場合は「過去90日間」というボタンをタップします。

Appleギフトカードの購入履歴を確認する│iPhoneやiPadの設定アプリで確認。過去90日より更に前の履歴を見たい時
過去90日より前の購入履歴も見れる

画面が切り替わり、1年単位で、過去90日より前の履歴も見ることができます。

Appleギフトカードの購入履歴を確認する│iPhoneやiPadの設定アプリで確認。1年単位で履歴を表示

Appleギフトカードの購入履歴の確認方法│MacやWindows

次は、MacやWindowsのPCで、どうやってAppleギフトカードの購入履歴を確認するか見ていきます。

Macの場合は、「ミュージックApp(apple music)」から確認することが可能です。

Windows PCの場合は、やはり音楽アプリの「iTunes stores」を使って、確認することができます。

(以下で画像つきで説明する方法は、Macで「ミュージックApp」を使った方法ですが、MacもWindowsのPCでitunesを使う場合も、手順はほとんど変わりません)

Macで購入履歴を確認するステップ

ミュージックAppを開いたら「アカウントを表示」を選択する

まずはMacで「ミュージックApp」を開きます。

開いたら「アカウント」というタブがあります。

こちらをクリックすると「マイアカウントを表示」という選択肢がありますので、こちらをさらにクリックします。

Appleギフトカードの購入履歴を確認│MacでミュージックAppで確認する
アカウント情報のページが表示されるので「購入履歴」を確認する

アカウント情報のページが表示されます。

スクロールすると、「購入履歴」という箇所があります。

この中に「すべて見る」という青字の箇所があるので、これをクリックします。

Appleギフトカードの購入履歴を確認│MacでミュージックAppで確認。履歴表示画面

そうすると、過去90日感の購入履歴がまずはわかるようになっています。

もし、それより前の範囲の履歴を確認したい場合は、「別の日付範囲」を指定して、それより前の履歴もわかるようになっています。

Appleギフトカードの購入履歴に見覚えが無いものがある

Appleギフトカードの購入履歴のなかに、見覚えがない履歴があるかもしれません。

見覚えが無い購入履歴がある場合は、まずは次のポイントをチェックしていきましょう。

見に覚えがない履歴がある場合の
チェックリスト

  • 購入履歴と実際の請求額を比較してみる
  • 自分のAppleIDの状態を調べる
  • 定期購読の内容を確認する
  • Apple IDの残高が不足していないか
  • 購入履歴の保留の可能性
  • Apple IDが誰かに悪用されている可能性

購入履歴と実際の請求額を比較してみる

Apple IDに紐づいた、購入履歴の明細に記載されている金額や内容と、実際にクレジットカードで請求されている金額を比較してみましょう。

両者に差異がある場合は、後で、紹介するように、Apple IDの家族共有を使っているなど、なにかしらの原因があるでしょう。

もし見覚えのない明細がある場合は、Appleのカスタマーサポートに問い合わせして、返品・返金処理をしてもらうことも可能です。

自分のApple IDの状態を調べる

もしApple IDを複数持っている場合は、他の端末やApple IDから購入した可能性もあります。

自分が覚えていないだけで、実際には購入している場合もあるので、複数のApple IDをお持ちの場合は、すべての購入履歴を確認することをおすすめします。

また、家族もApple IDを使っている場合は、この可能性もチェックしましょう。

(Apple IDには、「ファミリー共有」という機能があり、これを使うと家族が購入したコンテンツも購入履歴に表示されるようになります)

定期購読(サブスクリプション)の内容を確認する

購入した覚えが無い履歴がある場合は、「定期購読(サブスクリプション)」が原因かもしれません。

いまはたくさんの月額課金のサービスがありますので、なかには契約していることを忘れているアプリやサービスがあるかもしれません。

また、初月や最初の1週間や2週間は無料でも、それ以降は、有料課金に自動的に移行するといったアプリも珍しくありません。

そのようなものがないか、よく確認してみましょう。

Apple IDのチャージ残高が不足していることが原因の場合も

Appleギフトカードで支払いする設定になっている場合、まずは優先的に、指定のApple IDにチャージ済みの残高で支払いがされます。

しかし、もし購入金額に対して、チャージ残高が不足している場合は、クレジットカードやキャリア決済(*)など別の方法で自動的に支払われます。

* キャリア決済とは

Auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、d払いなど、通信会社が提供する後払いサービスです。

オンラインショッピングなどで、使うことができ、後払いした金額は、翌月の電話料金に合算されて支払いをします。

▼auかんたん決済で、アップルギフトカードを購入する方法を詳細に書いています

auペイやauかんたん決済でAppleギフトカードを購入する方法 auペイやauかんたん決済でAppleギフトカードを購入する方法

このとき、クレジットカードやキャリア決済の支払い方法が、デフォルトで、分割払いになっている場合は、複数の月をまたいで支払いがされます。

しかし、クレジットカードの請求明細では、分割払いで払っているものでも一本化されて記載されている場合がありますので、これが原因で、見覚えのない支払いがある、といったように見えることがあります。

もしApple IDの購入履歴で、見覚えのないものがあれば、クレジットカードやキャリア決済のほうの請求とも突き合わせて、内容を確認しましょう。

購入履歴の保留があった

購入履歴の一覧を見ていると「保留」の記載が表示されているものを見かけることがあります。

「保留」のステータスのものが表示される理由は、大きく分けて3つです。

「保留」の購入履歴がある場合の理由は大きく分けて3つ

  1. Apple IDにチャージ済みのAppleギフトカードの残高(=クレジット)が不足している場合
  2. クレジットカード、キャリア決済の利用枠が不足している
  3. クレジットカードの決済が処理中である

App StoreやAppl Storeオンラインで買い物する場合、Apple IDに登録している(チャージ済み)のAppleギフトカードの残高で支払うことが可能ですが、チャージ残高が不足している場合があります。

この場合、注文は最後まで処理されずに、購入履歴のなかで「保留」ステータスとなります。

また、クレジットカード、キャリア決済の利用枠が不足している場合も「保留」となります。

また、クレジットカードの決済が処理中の場合も、「保留」として表示されることがあります。この場合は、時間が経てば自動で解決に向かいます。

Apple IDが誰かに悪用されている

これまでに、ご紹介したチェック項目を見ても、該当しそうなものが無い場合は、第三者の悪意ある人物が、あなたのApple IDを勝手に使っているかもしれません。

Appleカスタマーサポートに連絡して、見に覚えのない履歴があることを相談しましょう。

その際に、これまでご紹介した方法をすでに実施したことも伝えると、原因の特定や、問題の解決までの時間が早まるかと思われます。

Appleカサポートに相談する

これまでに紹介してきた項目をすべてチェックしても、心当たりが無い請求がある場合は、早めにAppleサポートに連絡しましょう。

直接、カスタマーサポートに電話しても問題ありませんし、インターネットから問い合わせして、Appleサポートから電話を待つのでも問題ありません。

以下は、インターネットからAppleサポートに相談する手順です。

▼インターネットから問い合わせする手順

Appleのサポートページへアクセスする

次のURLにアクセスします。(サインインを求められます)

https://getsupport.apple.com

そうすると、「製品を選択」というボタンがありますので、こちらをタップします。

Appleギフトカードの購入履歴で見覚えがない履歴があった場合│サポートに相談する。
App StoreやApple Payを選ぶ

次に、問い合わせをしたい製品やサービスを選ぶページに飛びます。

支払いや購入履歴に関連するので、「App Store」や「Apple Pay」など適切なものを選びましょう。

(以下の画面は、appストアを選択した画面です)

Appleギフトカードの購入履歴で見覚えがない履歴があった場合│https://getsupport.apple.com へアクセス
問い合わせしたい日程の予約を入れる

最後に、自分の個人情報や、問い合わせしたい日程を入力します。

(なお、サインインしていれば、自分の個人情報は最初からほとんどすべて入力されているはずです。)

これで予約は完了します。

Appleのサポートは、問題の診断や解決のために動いてくれるエキスパートです。

わかりやすく丁寧に教えてくれることで評判ですので、安心して予定の日を待ちましょう。

なにかトラブルになりそうなものが見つかったら、遠慮しないでできるだけ早めに連絡するのが良いでしょう。

なぜなら、サポートの仕事は丁寧にトラブル解決に向けて教えてくれることが仕事ですし、また、タイミングによっては、混雑しているときもあるからです。

Appleギフトカードの購入履歴で見覚えがない履歴があった場合│サポートの電話相談を予約する

購入やチャージ履歴や削除できる?

購入履歴は、これまでに紹介した手段で、簡単に確認することができます。

しかし、普段から新しいアプリなどを、たくさんダウンロードしたりしていると、履歴が多すぎて見にくいと感じることがあるかもしれません。

そんなときは、履歴を削除したいと思うかも知れませんが、削除の手段は用意されていないので、代わりに履歴を「非表示」にする方法をここでは紹介します。

購入履歴を非表示にするやり方(iPhone)

iPhoneの場合は、以下の手順で、履歴を非表示にすることが可能です。

  • まずは「App Store」を開きます。開いたら、自分のアカウントのアイコンをタップします。
  • 「購入済み」というボタンがあるので、コチラをタップします
  • 購入済みのアプリの一覧が表示されます。ここから「非表示」にしたいものを選びます。
    (なお、繰り返しですが、削除されることはありません)

購入履歴を非表示にするやり方(パソコン)

パソコンの場合は、以下の手順で、履歴を非表示にすることが可能です。

  • パソコンの場合でも「App Store」を開きます。開いたら、タブ(サイドバー)があるので自分の名前をクリックします。
  • 購入したアプリの一覧が表示されます。個別のアプリには「詳細オプション」というボタンが用意されていますので、こちらをクリックします。
  • 「購入済み項目を非表示」というボタンがあるので、クリックします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 右クリックできないぺーじです