ヤマダ電機でのAppleギフトカードの購入方法

ヤマダ電機でAppleギフトカードは買えますか?

このような質問をインターネット上で見かけることがありますが、大丈夫です。

ヤマダ電機で、Appleギフトカードを購入することは可能です。

しかし、購入手順や支払い方法等、細かいところでいくつか気をつけるべき点がありますので、この記事で詳しく解説していきたいと思います。

ヤマダ電機で購入可能なAppleギフトカードの種類

ヤマダ電機でAppleギフトカードを購入できることはわかりましたが、一言でAppleギフトカードといっても、額面金額やカードのタイプなど色々種類があります。

どのようなタイプがあるのかを調べてみましたが、結果として、2023年現在では、ヤマダ電機では以下のAppleギフトカードを取り扱っているようです。

  • 1500円
  • 3000円
  • 5000円
  • 15000円
  • 1,000円~100,000円(バリアブルカード)

なお、バリアブルカードについて補足すると、1,000円~100,000円の範囲で、1円単位で購入金額を指定して買えるタイプのカードです。

細かい金額の調整が可能なことから、必要な分だけの購入をすることが可能なので、こちらのほうが、額面が5000円など最初から決まってるタイプのものより使いやすいとされています。

(Appleギフトカードは、使用した分は、「残高」というかたちで残るようになっておりお釣りがでることはありません)

iTunesカードはAppleギフトカードに統合

iTunesカードという古い名称のAppleのギフトカードについての解説記事を見かけることがあります。

しかし、iTunesカードはもう販売していません。

ヤマダ電機でも、iTunesカードではなく、今は2021年11月以降は、Appleギフトカードを販売しています。

(なお、Appleギフトカードは、iTunesカードの機能を含むので心配ありません)

ヤマダ電機でのAppleギフトカードの支払い方法は?

ヤマダ電機で購入できるAppleギフトカードの種類もわかったところで、支払い方法についても見ていきましょう。

2023年現在、ヤマダ電機では以下の支払い方法が可能です。

ヤマダ電機で利用可能な支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード
  • ヤマダポイント

現金で支払う

Appleギフトカードを実店舗で購入する場合は、基本は現金で購入するしかありません。

例えば、コンビニやスーパー、ドラッグストアでもAppleギフトカードは取り扱っていますが、基本的には現金でしか購入できません。

ヤマダ電機でも、もちろん、現金でAppleギフトカードを購入できます。

これに加えて、ヤマダ電機では、以下で説明するように、クレジットカードとヤマダポイントでの支払いも可能となっています。

クレジットカードで支払う

ヤマダ電機では、Appleギフトカードをクレジットカードでも購入できます。

ちなみに、Appleギフトカードなどギフト券をヤマダ電機で、クレジットカードで購入するなら、ヤマダ電機以外のクレジットカードを使うことをおすすめします。

理由としては、ヤマダ電機のクレジットカードは、通常はヤマダポイントを10.5%還元でもらうことができるので非常にお得なのですが、ギフト券を購入する場合は、ポイント還元がつかないからです。

TSUTAYA Tポイントでも、dポイントでも、還元されるポイントは何でもよいですが、他社のクレジットカードでヤマダポイント以外の還元がもらえるカードを使ったほうがお得です。

ヤマダポイントで支払う

ヤマダポイントを使っても、Appleギフトカードを購入することは可能です。

ヤマダポイントとは、ヤマダ電機で買い物をすると貰えるポイントのことです。

基本は10%還元で溜まりますが、この溜まったポイントで、Appleギフトカードも購入できます。

ただし、ヤマダポイントで商品を購入しても、さらにポイントがつくことはありません。

還元率は「基本はヨドバシカメラやビックカメラと同様に10%もらえる」と理解しておいて大丈夫ですが、他の家電量販店と同様に、支払い方法によって多少変わります。

一応、以下に支払い方法別の還元率を整理しておきます。

ヤマダポイントの還元率

  • 現金払い(10%)
  • ヤマダ以外のクレジットカードで支払い(8%)
  • 国際ブランド(VISAやMASTERなど)付きのプリペイドカードでの支払い(8%)
  • ヤマダ電機が発行するクレジットカードで支払い(10.5%)

注意点としては、Appleギフトカードなどギフト券を購入しても、ヤマダポイントは貰えないことです。

通常なら、現金やクレジットカードなら通常は8~10.5%のヤマダポイントもらえるのに、ギフト券の場合はもらえません。

よって、オススメは①:他社のクレジットカードでヤマダポイント以外のポイント還元をもらうか、②:ヤマダポイントを消費してしまうことです。

ヤマダポイントで買い物すると、更にポイント還元をもらえるといったことはありませんが、ギフト券を買う場合は、もともと還元が無いので、損をすることにはならないからです。

ヤマダ電機でAppleギフトカードを購入する際の注意点

ヤマダ電機でAppleギフトカードを購入する際の注意点もまとめてみました。

ヤマダポイントはつかない

すでにお伝えした点ですが、ヤマダ電機でAppleギフトカードを購入しても、ヤマダポイントはつきません。

現金、クレジットカード払い、どちらの方法でも、ヤマダポイントはもらえません。

他社のクレジットカードで、ヤマダポイント以外の特典を得るか、ヤマダポイントを消費して、ギフト券は購入しましょう。

QRコード決済(PayPay)では購入できない

ヤマダ電機では、QRコード決済で、Appleギフトカードを購入できると書いている記事がありますが、これは間違いです。

PAYPAYなど特に代表的な例ですが、絶対に不可能です。

なぜそこまでハッキリ言えるかというと、PAYPAYは利用加盟店に対して、ギフト券やプリペイドカードの支払いには使わないように禁止することを、利用規約にハッキリと書いているからです。

PAYPAYなどQRコード決済でAppleギフトカードを購入することはできませんので、間違えないようにしましょう。

電子マネーでAppleギフトカードを購入したいならLINEアプリなら可能

どうしても電子マネーでAppleギフトカードを支払いたい、といった需要があるかはわかりませんが、実は、唯一、LINE PAYなら、Appleギフトカードを購入することが可能なことが知られています。

LINEアプリには、「ウォレット」という機能が備わっており、こちらを通じてAppleギフトカードなど各種の電子ギフト券を購入することが可能です。

※なお、繰り返しになりますが、ヤマダ電機を含めて実店舗ではAppleギフトカードを⚫⚫PAYといったアプリで購入することは不可能です。

ヤマダ電機でAppleギフトカードを購入する流れ

ヤマダ電機で販売されているAppleギフトカードの種類、支払い方法も見てきましたが、実際に店頭で購入する流れを見ていきましょう。

  • まずは店頭でAppleギフトカードのコーナーに行きます
  • 購入したいAppleギフトカードを選びます(額面金額でいくら欲しいか)
  • 購入したい金額が決まったら、カードを手に取りレジに向います
  • バリアブルカードの場合は、購入金額を伝えます
  • あとは、支払い方法を、現金、クレジットカード、ヤマダポイントの中から選んで支払いをして終わりです

なお、事業主/フリーランスの人で、経費で落としたい場合や、購入したカードが万が一使えない可能性などを考えて、領収書はもらっておきましょう。

サポートに電話するときなど、購入履歴があると話がスムーズですが、オンラインで購入する場合とは異なり、実店舗で特に現金で購入する場合は領収書(レシート)しか、証明する手段が無いのでもらっておいたほうが無難です。

ヤマダ電機でのAppleギフトカードの購入に関するまとめ

ヤマダ電機でAppleギフトカードを購入する方法や販売している種類を見てきました。

購入できる種類は、金額固定タイプ(1500円、3000円、5000円、15000円)とバリアブルタイプ(1,000円~100,000円)と他の実店舗とあまり変わりません。

ですが、支払い方法が、通常は実店舗で購入する場合は現金でしか購入できないところを、クレジットカード、またはヤマダポイントでの支払いが可能となっています。

オススメの支払い方法は、他社のクレジットカードでヤマダポイント以外のポイント還元をもらうか、ヤマダポイントで支払うことです。

理由は、ヤマダ電機で、Appleギフトカードなどギフト券を購入しても、ヤマダポイントの還元が貰えないからです。

どうせヤマダポイントがもらえないならば、他社のクレジットカードで、別のポイント還元を狙うか、もともとポイント還元がもらえない支払い方法としての、ヤマダポイントでの購入を利用するという考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 右クリックできないぺーじです