Appleギフトカードの現金化がバレる理由と対策4つ

Appleギフトカードの現金化がバレるのが怖い

バレると、どんなことが起きるのか…

現金化を考えている人が、
こうした疑問を持つのは当然ですよね。

そこで、この記事では、以下の疑問点について、わかりやすく解説してまいります。

▼この記事でわかること

Appleギフトカードの最新買取率とおすすめサイトをランキング形式で紹介

Appleギフトカードの現金化がバレる理由はこれしかない!理由3つ

Appleギフトカードの現金化がバレる理由は、3つしかありません。

▼Appleギフトカード現金化がバレる理由3つ:

自分からバレることを言う

Appleギフトカードでの現金化がバレる理由の1番はこれです

自分からバレることを言ってしまうのが最大の原因です。

実際に、クレジットカード会社から疑われたとしましょう。

しかし、本当に現金化しているかを立証するのは、非常に難しいです。

そのため、バレる最大の理由は
「現金化をしていますか?」と聞かれた際に、「実はそうなんです」と答えてしまうことです。

悪徳業者を利用した

Appleギフトカード現金化がバレる、
2番目の理由は「悪徳業者を利用してしまう」ことです。

Appleギフトカードを買取してくれる業者は、非常に多く存在します。

しかし、
なかには「悪徳業者」のサイトもあります。

このようなサイトを利用した結果、
個人情報の漏洩」や、クレジットカード会社からの調査が行われる可能性があります。

▼悪徳業者の特徴:

  • サイト運営の実績が短い
  • 利用規約や会社概要などが不明確
  • 電話・メールなどの問い合わせに返信がない

⇒ 実績10年以上で安心して使えるサイトも紹介中(本文後半に飛びます)

クレジットカードの利用に違和感がある

Appleギフトカード現金化がバレるきっかけは、
クレジットカードの利用の仕方に違和感があることです。

「購入の頻度が頻繁すぎる」、
「突然50万円などの高額な利用」、

こうした場合は、カード会社に疑われる可能性が高くなります。

常識的にみて違和感がある使い方は、カード会社から疑われます。

(対処法については、のちほど詳しく解説します

それと当然ですが、滞納すると疑われます
必ず期限内に支払いしましょう。

Appleギフトカード現金化が、バレる可能性が低い理由3つ

実際には、
Appleギフトカードの現金化がバレる可能性は、かなり低いといえます。

バレにくい理由を3つ解説します。

▼Appleギフトカード現金化バレにくい理由:

目的が現金化であると証明できない

Appleギフトカードで現金化しても、バレにくい理由は、「目的が現金化であると証明できない」からです。

クレジットカード会社が、確認できるのは、
「いつ、何を、いくらで購入したのか」くらいです。

そのため、「購入の目的」はわかりません。

たとえ「怪しい」と疑われたとしても、
「現金化目的で使用している」と証明することはほとんど不可能だといえるでしょう。

コード番号は本人しかわからない

Appleギフトカードの現金化がバレにくい、第2の理由は「コード番号は本人にしかわからない」ということです。

購入者 本人と、取引する相手しか、ギフトカードのコード番号はわかりません。

そのため、
Appleギフトカードで現金化していることは、他のひとにはわからないことになります。

購入後の所有権は購入者に移る

Appleギフトカードを、クレジットカードで購入すれば、購入者に所有権が移転します。

自分が所有する商品を転売しても問題は起こりません。

こうした解釈の存在があり、過去の判例でも逮捕されたなどの例は見当たりません

Appleギフトカード現金化がバレると起きること

Appleギフトカードの現金化がバレると、起きることを解説します。

カード会社からの電話

Appleギフトカードの現金化がバレると、まずクレジットカード会社から電話で連絡がきます。

しかし、カード会社が電話をしてきても、現金化をしている確証を持っていないことがほとんどです。

「ちょっと怪しいな」と思い、確証が無いからこそ確認の電話をしてきていると言えます。

「カードの利用について確認させてください」

「現金化などしていませんか?」

こういった内容の電話がかかってきます。

バレるとカードの利用停止などペナルティも

Appleギフトカードの現金化がバレると、最悪の場合は、カードの利用停止も起こり得ます。

しかし、カード会社側で立証することは非常に難しく、バレる可能性はほとんどありません。

自分から「現金化している」などを言わない限りは、大丈夫だと言えます。

Appleギフトカード現金化がバレないための対策

Appleギフトカードの現金化がバレないための対策を解説します。

▼現金化がバレないため対策:

購入の頻度に注意する

クレジットカードで、Appleギフトカードなどの電子ギフト券を、頻繁に購入している時は、頻度には気をつけましょう。

毎日のように購入していれば、
「通常よりも利用回数が多いな」、「なんでこんなに買っているんだ?」と思われることもあるでしょう。

頻繁に購入するよりも、大きめの金額を購入したほうが購入回数は減らせるでしょう。

「バリアブルカード」を使えば購入枚数を減らせる。1500円~50万円の範囲で、自由に金額を指定できるタイプ。

普段から使用しているカードを使う

使用履歴がないクレジットカードで、Appleギフトカードなど電子ギフト券を購入すると、悪い意味で目立ってしまいます。

クレジットカード会社は、カードの使用履歴を見て、違和感がないか確認します。

それまで使用履歴がなく、いきなり電子ギフト券を購入するのは「変だな」と思われます。

普段から使っているカードの使用をおすすめします。

換金するなら安全なサイトで

Appleギフトカードを換金するなら、安全なサイトで行いましょう。

悪質なサイトで取引をすると、個人情報の漏洩やカード会社から疑われる可能性もありえます。

例えば、古物営業法に基づいて、しっかりとビジネスをしているサイトを使いましょう。

記事後半でも、おすすめの買取店舗を紹介)

自分からバレることを言わない

Applpeギフトカードの現金化がバレないための最大の対策は「自分からバレることを言わない」です。

繰り返しですが、カード会社は、現金化をしていることを確証を持ってはいません。

そのため、自分からバレるようなことを言わなければ、カードの利用停止などリスクはほぼ無いといえます。

Appleギフトカードのおすすめ買取店舗

Appleギフトカードのおすすめ買取店舗を紹介します。

換金率が高いおすすめ業者一覧

Appleギフトカードを売るなら、オンラインの「買取サイト」がおすすめです。

▼買取サイトがおすすめな理由

  • 買取率が高い(96%以上
  • 申し込みから即日30分以内に振込
  • 法人が買取するので安全
    (個人間のトラブルなし)

サイトの数はたくさんありますが、
振込時間が早い、買取率が高い、安全性が高い、24時間営業、などから以下3つがおすすめです。

▼Appleギフトカードの買取率ランキング優良業者TOP3

サイト名買取価格
(初回~2回目以降)
買取ライオン96%~96%
ギフトチェンジ95%~95%
バイカ93%~86%

(2024年7月14日)

初回も2回目以降も、何度も利用しても、高い買取率で利用できます。

上記以外のサイトも知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

▼関連記事:

Appleギフトカード買取ランキングTOP20【2024最新】

Appleギフトカード買取サイトの利用の流れ

買取サイトの利用の流れだけ、最後に、簡単にお伝えします。

▼買取サイトの利用の流れ

  • 「買取サイト」に訪問する
    買取ライオン など】
  • 申込フォームを入力
    【売却したいギフト券や金額を入力】
  • 入金されるのを待つ

携帯・スマホで、全国どこからでも申し込みできるのがメリットです。

Appleギフトカード現金化がバレる理由│関連のよくある質問

ゲオや大黒屋でAppleギフトカード(iTunesカード)の現金化はできますか?
ゲオ、大黒屋などの金券ショップでは、アップルギフトカードの買取はしていません。

基本的には、買取サイトでの現金化がおすすめです。
Appleギフトカード現金化には、Eメールタイプのほうが向いていますか?
カードタイプとEメールタイプがありますが、Eメールタイプのほうが紛失のリスクは少ないです。

また、現金化する際に、購入履歴やレシート(領収書)を求められることがあります。

Eメールタイプなら、購入履歴をいつでもメールで確認できるので、おすすめです。
Appleギフトカードには有効期限はありますか?
Appleギフトカードには、有効期限はありません。

ただし、「初売りセール」などのキャンペーンでもらえる「コンテンツコード」には、有効期限が設定されています。

▼関連記事:
Appleギフトカードの有効期限と確認方法【2024最新】
Apple初売りギフトカードと学割はどっちが安い?【2024最新】
Appleギフトカードの使い道は?
iPhoneの購入、Apple Musicなどのサブスクの支払い、LINEスタンプの購入など様々です。

・関連記事:Appleギフトカード11の使い道│完全ガイド【最新2024】
Appleギフトカードとitunesカードの違いは?
iTunesカードは、Apple Musicなどのデジタルコンテンツの購入にのみ利用可能でした。

Appleギフトカードは、これに加えて、iPhoneなどハードウェアの購入も可能になりました。

※なおiTunesカードは、現在では販売は停止しています

・関連記事:iTunesコードとAppleギフトカードの違いを解説
クレジットカード現金化は違法ですか?
議論の余地はあるようですが、過去の事例で逮捕された人などはいないようです。

ただ買い物して、不要だから売ったケースとの判断がつかないからです。

しかし、クレジットカード会社からは推奨されない行為であり、カード停止などリスクがある点には注意です。
アップルギフトカードの現金化がバレないようにするには?
必ず滞納しないで、期限内に支払う必要がある点には注意です。

それ以外では、利用枠や上限いっぱいに使い切るなどすると怪しいので、これもやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 右クリックできないぺーじです